閉じる
  1. 【セミナー情報】10/29 経営革新計画の作り方セミナーやります。
  2. 【セミナー情報】11/12 創業者向けセミナーやります。
閉じる
閉じる
  1. 自宅の引越
  2. 生まれました ^ ^
  3. 2月。
  4. 2次試験個別勉強会開催中
  5. 妻退院 -> 日常生活へ
  6. サイトを移行しました。
  7. 小学校受験。
  8. ついつい見ちゃうワールドカップ。
  9. 健康サンダル!
  10. 鞄が…
閉じる

神保町で働く中小企業診断士&社長のブログ

CFJの実務従事サービス

【財務会計】講義3回目メモ

※TAC中小企業診断士講座 専任講師の平阪が担当している講義科目について書いている個人的な講義メモです。
※あくまで個人が勝手に書いている私の講義を受けた人向けのフォローアップメモです。

財務会計3回目は、CVP分析の残りと意識決定会計の導入がテーマ。
今回の山は後半でした。

前半のCVP分析の残りはたいして覚えるものもないので、それぞれの項目であとは計算問題を実際にやって、理解できているか否かを確かめておいてください。

大事なのは後半部分。
意思決定会計は、投資をするかしないかを判断するというのがテーマでした。
そして、実際の意思決定をするにあたり必要な2つの事前準備を学びました。

 1、投資したことで得られる儲け(正味CF)を出すこと
 2、投資のタイミングと正味CFを得られる時間軸がずれるので、時間軸を合わせるために現在価値に割り引くこと

特に正味CFがややこしい感じでしょうか。
講義ではタックスシールドの意味をイメージするため、減価償却費がないパターン、あるパターンで節税効果&正味CFを説明しました。
が、正味CFについては最終的には公式を覚えて、与えられた条件から正味CFが算出できればOKです。
とすると、減価償却費ありの場合だけの公式で理解してもらえれば試験には十分対応できます。

営業利益以下の損益(営業外収益・費用、特別利益・特別損失)は無い前提で投資によって得られた各種数字が以下になったとすると、以下の式になります。

   売上(すべて現金収入(CIF)を前提とする。売掛金とかはなし)
 ― 費用(すべて現金出(COF)を前提とする。買掛金とかはなし)
 ― 減価償却費
—————————–
   営業利益(※営業利益以下の損益はないので、結果これが税引き前当期純利益になる。)
 ― 法人税
—————————–
  税引後利益(税引後当期純利益 = 以下の税引後営業利益)

以上で税引後利益を出す。
すべて現金での取引だと考えれば、税引後利益はそのままキャッシュになります。
これに、実際に現金支出が伴っていない減価償却費を戻してあげれば、投資よって得られた正味のキャッシュ、つまり正味CFになるわけです。
それで、公式としては
 正味CF = 営業利益 × (1-税率) + 減価償却費
となります。
※営業利益 ×(1-税率)は、一言でいえば税引後営業利益になります。

1日1問。
財務の道は一歩から。
ということで、コツコツ計算問題解いていってくださいね。

関連記事

  1. TAC合格祝賀会。

  2. 【財務会計】講義1回目メモ

  3. インプット。

  4. TAC中小企業診断士講座2020年合格目標の講義スタート~その2…

  5. ヒアリング訪問の日。

  6. 実務従事9月期終了!

おすすめ記事

  1. 【セミナー情報】11/12 創業者向けセミナーやります。
  2. 【セミナー情報】10/29 経営革新計画の作り方セミナーやります。
2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. 2019/11/4

    11月4日の色々
ページ上部へ戻る