2次試験まで残り1週間。

こんばんは。

本日は中小企業診断士2次試験勉強会の最終回でした。
参加者の皆様の解答もだいぶ形になってきて、みんな十分合格できるだけの実力はついてきたかなという印象でした。

しかしながら本試験は何が起こるかわかりません。

毎年受験生が「今年は傾向が違った!」と言っているのを見かけますが、それは当たり前の話。
予備校でやっている演習はあくまで過去問のパターンの焼き回しでしかないので、本試験はそのパターンと同じということはありません。
ですから今まで見たことがないパターンが出て当然なのです。その当然の中で、「今年は傾向が違った!」といって勝手にパニックになって落ちていく人をこれまでたくさん見てきました。
受かっている人たちは、これまでと傾向が違う問題が出ても、難問の問題が出ても、やることは一緒とこれまでやってきたことを着実に実施しています。

少なくとも私が関わった受験生にはしっかりその実力を発揮してきてほしいので、上記のエピソードを最後のメッセージとして強く伝えさせていただきました。

何が起きても、いつもどおり「焦らず、慌てず、あきらめず」。

残り1週間。
2次受験生の皆様、もうひとがんばりいたしましょう!
でも、最近寒くなってきていますので、くれぐれも体調管理だけには気を付けましょう。

2次試験個別勉強会開催中

こんばんは。

今年も中小企業診断士2次試験まであと2週間を切りました。
ワタクシもTACの中小企業診断士講座にて2次講座を担当していますので、8月~9月というのは診断士試験にかける時間も長くなります。

その中でTACの講座は9月末にはすべて終わってしまい、あとはオプション講座のみとなってしまいます。
そのため、約4週間ほど自主勉強をしなければならない空白の期間がでてしまうので、ワタクシのクラスでは特別勉強会を行っています。
基本的な運営は参加者の皆様に任せていますが、毎週1回特定の事例をⅠ~Ⅳまで解いてきてもらい、それについてディスカッションする場を提供しています。

場所は弊社の会議室を使っていますので、好きなだけディスカッションすることができます。

先週で2回終わりまして、次回は3回目の最終回。

2次試験の勉強は、1人でコツコツやろうと思っても、何をしていいのかと模索するだけで終わってしまいます。
そんな時に役立つのが勉強会。

これをやりだしたのは昨年からなので2年目ですが、今年もこの勉強会の参加者からたくさんの合格者が出てくれることを祈るばかりです。

ここまでやったら受かるしかない!
そんなポリシーでやってます。

中小企業診断士2次試験を受験される皆様、ラストスパート頑張ってください!

中小企業診断士1次試験合格!

今年も大学講義がスタート。

久方ぶりです。

今年も、この時期がやってきました。
大学講義。非常勤講師として、これから半年間毎週金曜日の1限目(9時〜)を担当いたします。

大学の場所が遠く、7時過ぎには家を出なければいけないため、保育園のお見送りと合わせるとそこはちょっと大変・・・。(娘も、いつもより1時間くらい早く起こされるので、朝不機嫌で大変です。。。)

ただ、3年目になったので、講義前の準備にかかる時間はグーンと減りました ^ ^

20歳そこそこの人たちと触れる機会は、そうそうありませんので、今年も半年間楽しんでいきたいと思います。

朝から熱く語ります!

成績表。

こんばんは。

今日は福岡出張。日帰り。

その道中、非常勤講師をやっている大学の成績登録の締切が今日までということで、必死にレポートの採点と得点入力をしておりました。
今年もなんとか間に合った・・・・(^ ^;;

出席点とレポート点をつけて合計を出し、あとは得点調整。
得点調整もなんやかんややっていると、時間はなかなかかかります。

そんなわけで、無事に成績登録も終わり今年度の大学講師の仕事もクローズです。
次年度も継続させてもらえることになったので、来年度も秋学期(9月ころ)から頑張ります。

P.S
学生のレポートを読んでいると、本当に頑張って書いた人のレポートはとても読み応えがありました。
私自身も本当に参考になりました。今年は初めて満点の学生もいて、いい意味でびっくりさせられました ^ ^

No Comments Categories: ビジネス Tags:

ヒアリング訪問の日。

こんにちは。

今日は弊社の実務従事サービス1月期の事業者訪問。
いわば、実務従事サービスの参加者と対象企業の経営者が初めて出会う日です。

この日はいつも緊張します。

失礼なくヒアリングができるかなぁ
社長と参加者の相性は合うかなぁ
ヒアリングは噛み合うかなぁ・・・
などなど

ヒアリングが始まってファーストコンタクトをするまでは、こうした不安があったりします。
というのも、ワタクシは支援者と支援を受ける側を引き合わせをしている立場のため、この成否の責任は全てワタクシにあるわけです。
そのため、どちらにも満足した実務従事サービスを提供するのは、このヒアリングの場を成功させなければならないため、色々と不安もあったりするわけです。

ということで、今日がその緊張する場面だったわけですが、無事に終えることができました。
これで、あとは今回の実務従事のゴールに向けて歩みを進めていくだけです。

これから約1ヶ月に渡り、頑張って指導していきたいと思います。

ぜひ、診断士としてスキルアップをしたい方、実務ポイントが必要な方がいましたら、弊社の実務従事サービスをご利用くださいませ。
中小企業診断士のための実践コンサル塾(CFJの実務従事サービス)